2013年2月10日 (日)

アイドリングストップの解除

価格.comでアイドリングストップのキャンセルの方法を見て、エンジンの再始動にたまに使っていた。
ブレーキを踏みながらアクセルを少し踏むというやり方。

ところが先日信号待ちのとき、なにげなくブレーキ操作をしていたらブレーキ操作だけでエンジンの再始動ができる方法を見つけた。

やり方は、

ブレーキペダルの2度踏み。
ブレーキペダルを踏んだまま、踏む力の強弱でキャンセルできます。

1 普通にブレーキ操作をして停止すると、アイドリングが止まる。
2 そのままブレーキペダルを強く踏む。
3 ブレーキペダルを踏む力を少し弱める。
4 もう一度ブレーキペダルを強く踏む。
5 エンジンがかかる。

という動作でブレーキをかけたままでエンジンの再始動が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

36km/L

FIT ハイブリッド のECO情報画面を見たら「36km/l」の表示。

640_img_2472_t

普通の一般道を走って、行きの燃費は画面の前回評価の「21.4km/l」だったので、「36km/l」はちょっとビックリ!

帰り道は下りだったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

最近の燃費

フィット ハイブリッドの最近の燃費です。

片道約5.5Kmの通勤での燃費は20Km/L前後。

最近はECONはOFFで走行している。
ECON OFFだとモーターアシスト時の加速が気持ちいい。
それでもアクセルワークに慣れてきたので燃費もそこそこだ。

朝と夜のエンジンが冷えた状態からのスタートだが、この日の朝の通勤は調子がよく24.1Km/Lも走った。

R_img_2741_t
ちなみに前回評価 16.2Km/L は前日に買い物に行ったときの燃費。(距離約1Km)

先日隣町まで用があったので片道約20Km走った。

いきなりネズミをやっていた。

R_img_2736_t

良く見ると計測器の上に液体糊が置いてある。

R_img_2734_t2

何に使うのかとても気になる。

しばらく走っていると「白バイ」もいた。

R_img_2737_t

そんなこんなでこの日は一般道のみの走行(片道約20Km)で帰りの燃費は最高で31,6Km/Lも走った。

R_img_2739_t

ちなみに行きは25.1Km/Lだった。

実燃費はもう少し悪くなるが、30Km/L以上の表示が出るとなんか嬉しい。

ガソリン満タン給油後365Km走行。

ガソリン半分消費した現在のメーター表示での平均燃費は 19,9Km/L

R_img_2747_t_2

残りの燃料であと400Kmくらい走れそうだ。

R_img_2748_t

これから暑くなってエアコン使うと燃費が落ちる。

どこまでエアコンガマンできるか。

所詮片道5.5Kmの短距離走行だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

福島オフ会 FIT Hybrid ドライブ編

20・21日、福島オフ会に参加してきた。

Dsc01359

前日の夜にキャンプ道具をFITに積み込んでおく。

忘れ物がないか何回もチェックするがなんか落ち着かない。

出発前にダッシュボードにローアングル対応のミニ三脚をパーマセルテープで止め、Power Shot G12 をセットする。(以前製作した車載撮影台は無くしてしまった)
リモコンケーブルを接続し、運転中でも簡単にシャッター操作が出来るようにして準備OK。
ドライブレコーダーを持っていないので、これで運転中の風景を簡単に撮影できる。

Img_0730

出発前から天気予報の通りかなりの雨が降っている。

福島へのルートは自宅から数分の北関東自動車道のインターから高速に乗り、岩舟Jctで東北自動車道に合流し、目的地の福島西インターまではほとんど高速道路のみの簡単
ルート。

G12t1

福島に近づくと雨も少なくなってきた。
でも関東で降っている雨雲は東北方面に移動しているので安心できない。

Img_0734

高速はクルーズコントロールで楽チンドライブ。

G12t2

早く皆さんに会いたい思いが、3時間・250kmのロングドライブをノンストップで来てしまった。

目的地のキャンプ場周辺で迷子になってウロウロしてたらT.urabeさんdada042さんと偶然遭遇し何とか目的の水林自然林に到着。(実は私、ものすごい方向音痴です。)

Dsc01318

管理事務所で休んでいると。KOH16さんが到着。

少しして871さんyamanao999さん糸崎公朗さんが到着。

天気が少し不安ですが楽しいオフ会の始まりです。

この日の FIT Hybrid のドライブデータ。

Photo

高速道路の燃費は24.9km/L。

使用ガソリン量は約10L。

荷物はリヤシートを倒してキャンプ道具満載。

帰りのドライブデータはこれ。

Photo_4

高速道路の燃費は最高27.0km/Lも走っている。

 

次回 福島オフ会 キャンプ編 につづく

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年7月16日 (土)

アームレスト Ⅱ

フィットハイブリッドにはアームレストが無くて、オプションでも取り付けが出来ないので、100円ショップで買った部材でアームレストを自作して使用している。

なにか良い方法がないかでネットで調べていたら、ガソリン車の部品に交換すればフィットハイブリッドにもフィット純正オプションのアームレストコンソールの取り付けが出来るらしいことがわかった。

私のフィットハイブリッドはナビプレミアムセレクションなのでシートヒーターが付いている。
なので部品交換してもこのシートヒータースイッチがちゃんと取り付けできるかが問題。

ダメもとでディラーへ行きメカニックに相談すると細かく部品を調べてくれ、シートヒータースイッチも取り付けできると回答をもらった。

その場で必要部品を手配してフィットハイブリッドに純正アームレストコンソールを取り付けることにする。

Photo

Hybrid_2
FIT HYBRD

Rs_2
FIT RS

コンソール交換&アームレスト取り付けは結構金額が行くかと思ったが、コンソール交換の部品代は約¥5000円+工賃。
これに純正アームレストコンソールが別途必要になる。

本当はDIYで取り付けしようと思ったが今の時期は暑いので、親身になって相談に乗ってくれたディーラーで装着してもらう事にする。

作業前の低くて腕の置きにくいフィットハイブリッド用コンソール

Img_0699

純正アームレストコンソール取り付け後のフィットハイブリッド。
ちゃんとシートヒーターのスイッチが付いている。

Img_0702

Img_0704

Img_0718

外したフィットハイブリッド用コンソール。

Photo_2

多分このまま使用すると思うが、元に戻す時の為にコンソールの外し方をメカニックに教えてもらう。

Photo_3
フロント側の左右のクリップを外す。

Photo_4
コンソール後ろ側のネジを外す。

Photo_5
サイドブレーキ下のカバーを引き外すとコンソールが外れるとの事。

純正アームレストコンソールの使用感だが、純正アームレストなのでちょうど良い高さで腕を置けるし、見た目もカッコよくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

ドアバイザー

梅雨に入って雨がよく降る。

雨だと窓ガラスがくもる。

でもエアコン(コンプレッサー)を入れると燃費が落ちる。
通勤でエアコンをつけたら4km/Lくらい悪くなった。

コンプレッサーを作動させない送風でデフロスターモードで使用したら信号待ちでアイドリングストップがしにくくなったようなので、空調は使わないほうが燃費には良いのかもしれない。

なので窓を開ける。

Img_0499

あたりまえだが雨の日に窓を開けると雨が室内に入って濡れてしまう。

そこで必要なのがドアバイザー。

走行速度が遅かったり渋滞では曇りやすいが、そこそこの速度で走っていればガラスの曇りは気にならない。

最近見た目重視でドアバイザーを付けていない車をよく見かけるが、ハイブリッド車ではドアバイザーもガソリン節約の為のアイテムではないかと思う。

※フロントガラスのくもりがうまく取れないときは、素直にエアコンを使いましょう。

撮影:Power Shot G12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

5月の燃費

だんだん気温が上がってきている。
冬に購入したFIT HVの燃費も良くなってきている。

片道約5Kmの通勤でも20km/L前後走るようになってきた。

エンジンが温まるともっと走る。
仕事で外出し、久しぶりに毎日の通勤以上の距離(一般道)を走った。

Img_0500
走り出してすぐに平均燃費29.3km/Lを表示。

Img_0501
この燃費でもIMAバッテリーは常に充電されていた。

Img_0502
目的地に着いたときには平均燃費は29.1km/Lに。
写真を撮っていたら平均燃費は28.8km/Lに下がってしまった。

この日の燃費はこうなった。

5_31_t

それでも近場の移動が多いが、燃費は結構頑張っていると思う。

「internavi Premium Club パーソナルホームページ」 で、2月~5月までの燃費の推移を見てみる。

25

グラフからも燃費が良くなってきているのがわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

連休の燃費

フィット ハイブリッドに家族4人+荷物満載で東京の実家に帰省してきた。
一般道から高速道路を走行し、また一般道のコース。
一般道は空いていて、結構速い速度で流れていたので、それなりにアクセルを踏んで流れに乗ったスピードで走行した。

5月3日、走行距離99.4Km、高速道路は62.6Km。
平均燃費は22.6Km/L。
高速燃費は23.5Km/L。(約90Km/hクルーズコントロール使用)

2011_05_03
internavi Premium Club パーソナルホームページ画面

5月4日、走行距離99.0Km、高速道路は63Km。
平均燃費は25.1Km/L。
高速燃費は27.5Km/L。(約85Km/hクルーズコントロール使用)

2011_05_04
internavi Premium Club パーソナルホームページ画面

帰りも同じコースだったが、高速道路では圏央道青梅IC→鶴ヶ島JC間の平均燃費が常時30Km/L以上とかなりの高燃費を出していた。(瞬間燃費は25~50Km/Lを表示)
IMAバッテリーは常に満充電状態で、短時間だったが高速走行中のEV走行も体験できた。
その後関越道に合流したらガソリンの消費量が増え、高速道路での平均燃費は27.5Km/Lまで下がった。

4人+荷物満載でもかなりの燃費が出せたし、アクセルを踏み込んだときの瞬間ダッシュもHVモーターのおかげでストレスのない走行が出来た。
(FIT HVは低燃費だけではなく、モーターアシスト時の力強いダッッシュ力も魅力の1つ。)

ひとつ気になったのは一般道だと気にならない走行時のノイズだが、高速走行時にはタイヤからのロードノイズが大きく気になった。

実家の庭は軽自動車でも4~5回切り返さないと入れないので、今までは軽自動車(エブリーワゴン)で帰省していたが、実家の庭にFIT HVでも問題なく入れたので、FIT HVの満足度は高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

ガソリンタンク容量

FIT HVのガソリンをギリギリまで使ってみた。

Img_0392

給油ランプが点いてからビクビクしながらガソリンメーターの針はEを少し下回ったところ。

Img_0391

この時点で航続可能距離は5Kmを表示。

ガソリンスタンドで満タン給油したら35L入った。

Photo

FIT HVの使用状況は片道約5Kmの通勤と近場の買い物だけで、通勤で走る距離以上の長距離は走っていないちょい乗りメインで、燃費は満タン方だと約16.7Km/L。

カタログの燃料タンク容量は40Lなのであと5L残っていたことになる。

残り5Lだとあと約80Kmくらいは走れる計算だが、そこまで挑戦してみる度胸はない。

給油後、航続可能距離の表示は600Km以上を表示している。

Img_0394

それでも近場メインのちょい乗りでも、満タンで実走行距離で600Km位は走れることはわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

タイヤ

ようやくスタッドレスタイヤから純正エコタイヤに交換した。

新車で納車したときにはスタットレスタイヤに交換してもらっていたので、純正エコタイヤで走るのは初めて。

ちなみに純正タイヤは外してそのまま保管してあったが、空気圧は2.8kgf/cm2あったので工場ら出荷される時には空気圧は高めにしてあると思われる。

ついでにタイヤの重量を測ってみた。

純正アルミホイール+ENASAVE 31(175/65-15)

Img_0316_2

Img_0319

ホイール込みで約15.45Kg

社外アルミホイール+ミシュランスタットレスタイヤ(175/65-15)

Img_0320

Img_0321

ホイール込みで約14.9Kg

社外アルミホイール+スタッドレスタイヤの方が軽かった。

フロントのタイヤ交換の際、そのままだとガレージジャッキが使えないのが面倒だった。

次に交換するときにはスロープを用意しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧