2011年5月20日 (金)

魔法の杖

テレビで面白い物を紹介していたので入手した。

魔法の杖 「KYMERA カイミラ」

外箱
__1

中身
__2

魔法の杖本体
1

簡単に説明すると、魔法の杖の形をしたリモコン。

13の動作で家電製品を動作させることの出来る。

なれないと操作しづらいと書いてあったが、練習モードで使ってみたところ比較的簡単に13の動作を習得できた。

練習を終え、ためしにテレビのリモコンを学習させてみた。

最初ちょっと戸惑い3回くらい失敗したが、慣れれば連続で学習できた。

テレビに向かって魔法の杖を振り下ろす。

テレビの電源がONし画面が映し出され、ちょっとテンションが上がる。

そのまま魔法の杖を指先で回すとテレビの音が大きくなり、反対に回せば小さくなる。

なんかはまりそう。

今度は魔法の杖を「チョン」と指先でタップし番組表を表示する。

そのまま魔法の杖を上下左右に振り番組表のカーソルを移動させる。

いい感じでテレビの操作ができる。

子供に見せたら「なにこれ~。 スゴーイ!」と大喜び。

欠点は13動作しか出来ないので今回登録したリモコンコードだとテレビ関係しか操作できない。

もう1本魔法の杖があればHDDレコーダーの再生操作も出来るが、おもちゃとしての魔法の杖リモコンとしては少々高く感じるのでもう1本買う気はない。

それから魔法の杖をテーブルの上に置いてある状態でちょっと魔法の杖に触れて動いてしまうと、勝手にリモコン信号が発信されてテレビは反応してしまう事がある。(回転動作とタップ動作)

誤動作防止策として、テレビと反対方向に魔法の杖を置くことにしている。

あと子供は棒を持つと振り回したくなる習性があるので、意図しないタイミングでテレビが反応するので操作以外には触らないようにする等、家庭内でのルールを決める事も必要かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 6日 (水)

ヤッターマン グッズ 3

ケンダマジック NEO

ヤッターマン1号の武器 「ケンダマジック」

Img_2331

普通にケンダマとして遊べる。

Img_2329_1   Img_2321_1

付属品に特大皿が付いていて、大皿・中皿・小皿をでかい特大皿に交換できるので初心者でも簡単に遊べる。

このケンダマジックNEOはデジケンより皿に玉を乗せやすい。

撮影:Canon IXY 800 IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ヤッターマン グッズ 2

ポチッとなボタン。

最初は食玩版ポッチとなボタンミニ。

Dscf1085
5種類あるうちのドロンボーバージョンを2種類購入。

他の3種類はヤッターマンバージョン。
やっぱポッチとなボタンはドロンボー一味の物なのだ。

Dscf1087
写真では見えないがキーチェーンが付いている。
あとキーホルダーとして使用中にボタンがおされないように透明のカバーが付いている。

黒タイプの音声はドロンジョの声で
「このスカポンタン」
「お黙り!」
の2種類

黄タイプはボヤッキーの声で
「ポチッとな」
「アラホラサッサー」
の2種類

次はタカラトミーの高級バージョン?

Dscf1088
ヤッターマン ポチッとなボタン
ドクロベエ版(赤)とドロンジョ版(黒)。

Dscf1089

ドクロベエ版(赤)の音声は
「ひかえるだべぇ」
「ドクロ雲音(爆発音)」
「アカポンタン」
「ポチッとな(ボヤッキー)」
「おしおきだべぇ」
の5種類

ドロンジョ版(黒)の音声は
「スカポンタン」
「しゅっぱ~つ」
「ポチッとな(ボヤッキー)」
「調子にのるんじゃないよ!」
「メカ爆発音」
の5種類

どれもTVアニメでおなじみの声とフレーズなので、ポッチッとすると結構楽しい。

撮影:FUJIFILM FinePix F100fd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

ヤッターマン グッズ 1

テレビ放送も始まり色々ヤッターマングッズも出てきたが、ヤッターマンというより、やっぱり「おだてブタ」が好き。

で、おだてブタグッズが少し集まった。

Dscf1090
抱きつきおだてブタ
ハンドルを握るとおだてブタの手が動くマジックハンド見たいなおもちゃ。

Dscf1096
食玩のおまけのおだてブタ
キーホルダーとゼンマイでくるくる回るおだてブタ。

Dscf1093
ヤッターフィギュアのおだてブタ(YM-F08)
これは結構お気に入りの一品。
机の上に置いておきたくなる。

おだてブタのレコードはこちらから

撮影:FUJIFILM FinePix F100fd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

昆虫の森

近所のスーパーの処分品ワゴンの中で発見。

Dscf1025_t

「昆虫の森 スズメバチ来襲!」 1っこ¥153円。

早速組み立ててみた。

Dscf1029_t
カブトムシ・コーカサスオオカブト・オオスズメバチの3個購入。

結構でかい。

Dscf1027_t

このフィギュアは飛行形態に変形できます。

カッコイイね!

頭・胴・腹も動かせます。

Dscf1030

オオスズメバチが気に入ったので最後にアップで。

 

撮影:FUJIFILM FinePix F100fd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

バケラッタ!

Img_0094
О次郎は幼少の頃から好きだったキャラクター。

О次郎は「オバケのQ太郎」には出てこなく、「新オバケのQ太郎」の「新」のほうにしか出てきません。

マンガ本も「てんとう虫コミック」版を子供の頃持っていたが処分してしまったのと全4巻と少ないので、希少な「藤子不二雄ランド」版を数年前に買い直した。

左のソフビのО次郎は子供のとき買ってもらった私の一番の宝物です。

撮影:EOS40D+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

デジケン

先日UPしたおだてブタはヤッターマンのキャラクター。
ヤッターマン1号 のガンちゃんの武器は ケンダマを改造した「ケンダマジック」。
で今回は「けんだま」。

ケンダマは小学生のころ結構ハマッタ遊びの1つ。

そのケンダマが当時(1998年)の先端技術?で作られたのがこの「デジケン」。

Photo

Photo_2
剣先や各皿にセンサーとLEDが付いていて、玉が刺さったり乗ったりすると光と音がでて3つのモードで遊べる。

1.ノーマルモード
  皿や剣先に玉を乗せるとLEDが点滅して楽器音が鳴る。

2.リズムモード
  デジケンから出るラップ音(BGM)に合わせて光っている皿に交互に玉を移していく。

3.コンビネーションモード
  光と音で指示された場所に順番通りに玉を乗せていく。

Dsc_7205
このデジケンはプラスチック製なので滑りやすく大皿でも乗せにくい。

で、当時こんなオプションを発見した。
Photo_3
製品名は忘れたがタカラ純正オプション部品で、各皿に付けて玉を乗りやすくする。

Dsc_7207
こんな感じでチョー簡単に乗せることが出来る。
Photo_4
3つ付けるとかっこ悪い。
当時からおもちゃやは何店舗か行っていたが、たまたま見つけた結構レアなパーツだと思う。
これを付けて子供にやらせたら初めてでも皿に乗せることができた。

Photo_5
右の競技用ケンダマは小学生の時から使っている現役のけんだま。
かなり練習したので玉はボコボコだが、ふりけんや世界一周くらいならまだ余裕で出来る。

ガンちゃんのケンダマジックでは無いが、ケンダマの玉はあたると痛い。

撮影:ニコンD40レンズキット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

スーパーカー消しゴム

ガラクタを整理していたら「スーパーカー消しゴム」が出てきた。
小学生のころ1回20円のガチャガチャで集めた物。

Img_1496
右から「トヨタ2000GT」「ランチャストラトス」「ポルシェターボ935」

EOS40D用に購入したEF-S 18-55mm ISだがEF-Sレンズなのでケンコー製の中間リング「デジタル接写リングセット」が使えないのでリングの内側を削って使用できるように改造したので「スーパーカー消しゴム」で試し撮りをしてみた。

Img_1423t  Img_1429t
左が加工前、線で書いてある所を削る。
右が加工後でEF-Sレンズの出っ張りが入るようになった。

削ったのは12mmと20mmの2個。

Img_1481
↑EOS40D+EF-S18-55mmIS  55mm リングなし。
ISO1600 SS 1/15  F11  IS ON  手持ち撮影
「フェラーリ512BB」

Img_1539
↑EOS40D+EF-S18-55mmIS  55mm リング12mm。
ISO1600 SS 0.3  F13  IS ON  手持ち撮影
「ランボルギーニ カウンタック LP500S」

Img_1508
↑EOS40D+EF-S18-55mmIS  53mm リング12mm。
ISO 3200 SS 1/30  F11  IS OFF  手持ち撮影
「トヨタ 2000GT」

Img_1477
↑EOS40D+EF-S18-55mmIS  55mm リング20mm。
ISO1600 SS 1/2  F11  IS ON  手持ち撮影

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ISに12mmのリングを付けると0.64倍(カタログより)まで倍率が上がる。
また、最短撮影距離で撮影してもIS(手ブレ補正)の効果もあるようだ。
今回のテストでは IS ON で SS 1/4 (1/2でも数枚OK)までならかなり止まっていたが、IS OFF だと SS 1/30 ではほとんどブレていた。

今回室内で絞り込んでの撮影なので ISO 1600・ISO 3200 を使用したがEOS40Dの高感度ノイズの少なさは良い感じだ。(EOS5Dのほうがノイズは少く感じる)
照明は部屋の蛍光灯のみ。
EOS40Dの設定は
高感度撮影時のノイズ低減はしない。
ピクチャースタイルはスタンダード
シャープネス+5
コントラスト+1
でのJPEG撮影でリサイズのみです。

もう少し大きな画像はオンラインアルバムに載せています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

∞プチプチ

買い物に行ったらレジに置いてあってので買って来ました。

梱包材エアーパッキンのプチプチのおもちゃで「∞(むげん)プチプチ」

Img_1138_t

Dsc_6617
サイズは約44mm×40mm×17mm

全部で5色ありますがプチプチっぽい白を買いました。

プチプチしてると100回に一度「プチ」以外の変な音がします。

プチ以外の音は
「ピンポ~ン」
「ワン」
「イヤ~ン」
「ピロロロロ~ン」
「ブ~ゥ」
「ボョ~ン」
「パフパフ」
の7種類は確認できました。
他の音があるかはわかりません。

プチプチするのは楽しいですが、やり過ぎると指の先が痛くなります。

暇つぶしにプチプチどうですか?

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年7月15日 (日)

虫図鑑DS

天気も悪く、することが無いので「虫図鑑DS」を買ってきた。

でもゲーム機は持ってないので子供のを借りて遊んだ。

Img_0005

786種類もの虫が調べられるが、所詮携帯ゲーム機の画面なので画質は悪い。
昆虫だけでなく蜘蛛やゲジ等の蟲も検索できる。

虫の検索は「かたち・いろ・おおきさ・とくちょう・しぜん・まち・きせつ・ちいき」等から絞り込んでの検索や、
種類から○○科の虫みたいな検索、
名前の一部分しか分からなくても探せる「名前のキーワード検索」が出来る。

また、色々な虫の飼育の仕方も収録されている。

虫クイズやミニゲームはちょっとハマった。
「だんごむし」と「テントウムシ」のゲームは5歳の息子でも遊べた。

Img_0010_t
だんごむしのゲームはダンゴ虫を丸めて穴に落とす簡単なルールだが、画面外に逃げると制限時間がマイナスされ、画面が進むとダンゴ虫の数がどんどん増えてくる。

         Img_0013_t
テントウムシのゲームは上画面に出てくるのと同じテントウムシをタッチするゲーム。
これも画面が進むとテントウムシの数が増えて画面の外に逃げられたり、違うテントウムシをタッチすると制限時間がマイナスされる。

パッケージの写真を見ると分かるが虫の目レンズで撮影された写真もあります。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧