2008年8月25日 (月)

モノポリー キャッシュカード エディション

ついにMONOPOLYもキャッシュレスのカード時代になった。

タカラトミーからカードで自動計算でき、誰でも気軽に楽しめる「モノポリーキャッシュカードエディション」が発売された。

Dscf1260

Dscf1263
外箱寸法 約、縦268mm×横400mm ×高さ67mm

Dscf1267
これがカードで入出金する「メモリーバンク」
単4電池を使用するが、電池は付いていないので別途購入が必要。

ただ、外箱には小さな字で「電池は別売」と書いてあるのでもっと大きく書いて欲しい。

モノポリーキャッシュカードは厚紙の箱の中でさらに傷が付かないように2枚づつビニール袋に入っている。

Dscf1269_t
モノポリーキャッシュカードは全6色。

でもなぜかすべて同じカードNO?

各カードはカードの下のポッチの位置で識別しているようだ。
「メモリーバンク」にカードをセットすると最初にカードNO(ID?)が表示される。
イエロー      →  1
ダークブルー   →  2
ライトブルー   →  3
グリーン      →  4
パープル     →  5
オレンジ      →  6

また通貨の単位は$だが、
$1M 1ミリオンドル    $1000000
$1K  1サウザンドドル  $1000
とケタが違う。

Dscf1270_t
ゲームボード 寸法 約、503mm×505mm  4つ折りタイプ

盤面は日本の地名になっている。
秋田から始まり、ダークブルーは東京。

Dscf1272
トークンはローラーブレイド・F1・携帯電話・ハンバーガー?・飛行機・スケボーの6種類。

ホテルは超高層ビルになって近代的な感じになった。

でもやっぱモノポリーはお札(現金)でプレイした方が盛り上がるような気がする。

撮影:FUJIFILM FinePix F100fd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

エポック社版モノポリー 4

キミはアメリカを支配できるか!?破産するのはだれか!?

エポック社のモノポリー(MONOPOLY)
★経済支配ゲーム★

説明レコード・ダイスマシン付き2種類。

Dsc_6935t   Dsc_6933t
ゲームボードのデザインが違い、大きさも違う。
外箱寸法
左 約487mm×478mm
右 約550mm×550mm

Dsc_6939t   Dsc_6941t_2
中はこんなんです。
中央のダイスマシンのデザインも違う。
お札・カード・トークン(コマ)等はエポック社版モノポリー2で紹介した物と同じ物が使われている。

Dsc_6943t  Dsc_6945t
左のゲームボードのデザインが古さを感じる。
ゲームボードの寸法
左 約460mm×460mm
右 約493mm×493mm
ダイスマシンの大きさは約175mm×175mmで同じ大きさ。

Dsc_6957
左のゲームボードの拡大写真。
権利書に書かれているレンタル料の一覧がゲームボードに印刷されてる。
各マスにある○の数字はスタートの0から何マス目かを表わしている。
このゲームボードは初心者にもわかりやすい。

Dsc_6951
説明書の表は同じデザイン。
タカラトミー版では対象年齢が「8才~」だがこのエポック社版は「10才~」
人数もトークン(コマ)の数プラス銀行家の8人になってる。

またエポック社版では「無料駐車場」では「次の番まですべての活動を休んで、お金も資産も、いかなる報酬も受け取ることができない。」となってる。
Dsc_6953  Dsc_6955
中の説明図が違う。

最後に外箱横のデザイン
Dsc_6947t

Dsc_6949t
当時の価格は¥2650円だったみたい。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

エポック社版モノポリー 3

  エポック社版モノポリー(MONOPOLY)

「世界の名作シリーズ」

「エポック社の 実業家ゲーム」

なんて書いてある。

Dsc_6810t
外箱サイズ約558mm×260mm×43mm
このモノポリーセットには説明書の他に「説明レコード」が付いている。

Dsc_6812t

Dsc_6815t
部品の欠品は無くすべて揃っているとても貴重なモノポリーセットです。
このモノポリーセットにも共同基金・チャンス・権利書に通し番号が印刷されている。

Dsc_6825
説明書と説明レコード。
タカラトミー版では対象年齢が「8才~」だがこのエポック社版は「12才~」
人数もトークン(コマ)の数の7人までになってる。
しかし一番下の写真を見るとわかるが、外箱には「2~8人用/8才~成人」と印刷されている。
説明書のゲーム用具一覧や図を見るとこのゲームの説明書に間違い無いようなので、人数と年齢の修正ミスだと考えられる。

レコードは「NO.1」「NO.2」と両面聞けるようになってるが、残念ながらレコードの説明は聞いたことがない。
ちなみにレコードは2枚付いていた。

またエポック社版では「無料駐車場」では「次の番まですべての活動を休んで、お金も資産も、いかなる報酬も受け取ることができない。」となってる。

Dsc_6820
ゲームボードには金色で「MOPOLY」の印刷。

Dsc_6817t
ゲームボードのサイズは約490mm×490mm。

たぶんその後発売された説明レコードの無いタイプのモノポリーがこれ

Dsc_6832t
モノポリーデラックス
このタイプは「2~7人用/12才~成人」となってる。

Dsc_6836t
箱のデザインの違いと説明レコードが無いだけですべて同じ内容。

Dsc_6839t
Dsc_6841
デザインが違うだけで箱の大きさも同じなのがわかる。
レコードつきタイプは「2~8人用/8才~成人」
でも説明書は「2~7人用/12才~成人」なのである。

ちなみに、モノポリーデラックスには「¥2500」の値札が貼ってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

エポック社版モノポリー 2

エポック社版モノポリー(MONOPOLY)

Dsc_6788t
箱サイズ約510mm×257mm×33mm

Dsc_6807t
紙の仕切りで部品が分けられている。

Dsc_6793_2
説明書
タカラトミー版では対象年齢が「8才~」だがこのエポック社版は「10才~」
人数はトークン(コマ)7個に銀行家が増えて8人までになってる。
エポック社版では年代によって対象年齢と人数が変わる。

また、エポック社版では「無料駐車場」では「次の番まですべての活動を休んで、お金も資産も、いかなる報酬も受け取ることができない。」となってる。

Dsc_6802
お札はシンプルなデザインで中央に大きく数字が印刷されているだけで他に数字や文字は無い。

Dsc_6800
共同基金・チャンスカードには右下に1~16までの通し番号が印刷されている。

Dsc_6804
権利書にも右下に通し番号が印刷されている。

箱のサイズと中の部品の入れ方がトミー版やツクダオリジナル版のモノポリーと似ているのでエッポック社版モノポリーの後期タイプだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

エポック社版モノポリー 1

エポック社のモノポリー (未使用品)

Dsc_6770t
箱のサイズ 約488mm×202mm×32mm
「1600」と値札みたいのが貼ってあるので、当時の価格は¥1600円?

Dsc_6774t
中はこんな感じで1本の細長い厚紙を折り曲げて部品を仕切ってる。

Dsc_6796
説明書
タカラトミー版では対象年齢が「8才~」だがこのエポック社版は「12才~」
人数もトークン(コマ)の数の7人までになってる。

またエポック社版の「無料駐車場」では「次の番まですべての活動を休んで、お金も資産も、いかなる報酬も受け取ることができない。」となってる。

Dsc_6776
お札には「EPOCH'S」と印刷されてる。
100ドル札と撮るのを忘れました。

Dsc_6798
「地中海通り」ではなく「メディタレーニイアン・アベニュー」
共同基金・チャンスカードには「EPOCH COMPANY Ltd」と「Printed in japan」の印刷がある。

Dsc_6779
トークン(コマ)は「馬」・「犬」・「くつ」・「自動車」・「指ぬき」・「アイロン」・「ぼうし」の7個

Dsc_6783
ゲームボードには金色の印刷がしてあり高級感がある。

Dsc_6772t
ゲームボードのサイズは約474mm×380mmと長方形で少し小さく、両サイドに緑色の植物の模様が印刷されている。

エポック社のモノポリー は何種類か持っているが、発売された時期・順番・価格がわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

マスター モノポリー

Master MONPOLY (マスター モノポリー)

小型アタッシュケースにゲームボード(6ッ折)や、必要な部品はすべて収納でき、手軽に持ち運べるコンパクトサイズのモノポリー。

Dsc_6735

Dsc_6752
右下のバーコードはキャーンペーンの応募で切り取ってしまいました。

Dsc_6738
アタッシュケースの大きさは約19cm×26.6cm×5.7cm

Dsc_6740
ゲームボードは6ッ折で広げると49cm×49cmの通常サイズ。

Dsc_6744
小物はバラバラにならない様に箱に入っている。(すべて未使用)
家・ホテルは木製でトークン(コマ)は真鍮色で重ために出来ている。
このマスターモノポリーのパーツはMONOPOLY  1935  COMMEMORATIVE  EDITIONと同じ物が使われているみたいに見える。
ただしお札は1セット分しか入っていない。

Dsc_6747
当時の価格は¥4500円
このマスターモノポリーは今でも結構人気があるみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

FUTUER LAS VEGAS

MONOPOLY 200X FUTUER LAS VEGAS VERSION
モノポリー フューチャー ラスベガス バージョン

Simg_0016_t
このモノポリーセットは通常のセットとちょっと違う。

地名が違うのは当たり前だが、
ゲームボードの一部が立体になっていたり、サイコロの代わりにダイススロットが付属している。

Simg_0022_t
↑箱の中 
サイコロの代わりのダイススロットの大きさがお札と同じくらいの大きさなのがわかる。

Simg_0018_t
↑これがダイススロット
サイズは 約20mm×54.5mm×99.5mm(突起含まず)
数字の横のツマミを回しスタートし、下にある黄色のボタンを押すと回転が止まる。
裏には 1999 TOMY MADE IN JAPAN の標記

日本製のモノポリーセットでサイコロを使わないでこのようなダイススロットを使うのは、「エポック社」が発売していたときに2種類あったが、このセットで3種類目になる。
「エポック社版」もいつになるかわかりませんが、そのうちUPします。

Simg_0020_t
↑3Dボードはシールを貼ってボード上に置く
Simg_0024
↑こんな感じになる。

Simg_0012_t Simg_0029_t
↑お札とカードのデザイン 
ラスベガスバージョンだけに権利書の価格も1桁多くなっているので、
お札の種類も$10・$50・$100・$200・$500・$1000・$5000になってる。
あと、各権利所の相場がわかる相場表も付いてるので初心者でも交渉がしやすくなってる。

Simg_0028_t
↑ゲームボード
3Dパーツを置かなくても、普通にゲームができる。

MONOPOLY 200X FUTUER LAS VEGAS VERSIONはダイススロットが気に入り3セット所有。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

モノポリー ジャパン

ヤ ングモノポリー(東京版)の後に販売されたのがモノポリージャパン。

このモノポリージャパンにもバージョン違いがあがり私が所有してるのは3種類だけ。

Photo_1  Photo_3  Photo_4
↑たぶん初期のモノポリージャパン(クリックで拡大)

Photo_5  Photo_7  Photo_8
↑マイナーチェンジでデザインが変わった(クリックで拡大)
権利書・チャンス・チャレンジ(共同基金)のカードが同じ大きさになる。

モノポリージャパンにはゲーム終了後の資産の計算がやりやすいように、スコアシートが付いていて簡単に集計できる。

Photo_9  Photo_10  Photo_11
↑現在販売されている「モノポリージャパン デザイナーズエディション」の初期バージョン。
横長のパッケージで左側に赤のポップが付いている。

このデザイナーズエディションから土地(地名)の配置が変わっている。
Photo_12  Photo_13  Photo_14
↑左から古い順(クリックで拡大)
同じ地名を使用しているが、年代とともに実際の土地の価値も変わってきているので、地名の配置がデザイナーズエディションから変わっている。
旧ジャパンはカラーグループの色表示の面積が広くなっていたが、デザイナーズエディションではオリジナル版と同じに色の表示面積が小さくなる。

土地の配置が変わったせいでデザイナーズエディションでは不具合がある。
オリジナルの地名に当たる「イリノイ通り」が旧ジャパンでは「名古屋」だが、デザイナーズエディションでは「静岡」に変わる。
オリジナルのモノポリーのチャンスカードには「イリノイに進む」のカードがあるが、デザイナーズエディションでは「イリノイ通り」にあたる場所が旧ジャパンのまま「名古屋に進む」になっていてイエローの土地に行ってしまいカードの価値が変わってしまう。

トミーではこの不具合をHPで公表し正規の「静岡に進む」のカードを無償で送ってくれる。
しかしトミーは「公式ルールで遊ぶ場合、チャンスカード(ピンクのカード)の文章を変更してください。」とミスを正式に認めていないのはどうかと思う。
  Img_0010_t_1   Img_0009_t_1
問題のカードと各モノポリージャパンのお札のデザイン(クリックで拡大)。
お札は上から古い順で一番下がデザイナーズエディション。

ちなみに「ヤングモノポリー」・「モノポリージャパン」ともに最高価格のボードウォークにあたるダークブルーの土地は「銀座」になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

温泉モノポリー

この「温泉モノポリー」は新Tokyo Walker 2005年2/1号の別冊付録です。

Img_9968

別冊付録だがゲーム板のサイズは「渋谷モノポリー」と同じで

24.8cm×24.8cm

Img_9972

しかし「温泉モノポリー」のゲーム板の裏は説明書きの他にお札も印刷されているので、お札を切って使うことが出来ない。
もっともお札は1・5・10・20・50・100ドルが1枚づつ(20だけ2枚)の計8枚しか印刷されていないのでコピーして使用することになっている。
お札のコピー枚数も「渋谷モノポリー」の10部からこの「温泉モノポリー」では30部にコピー枚数が増えている。
権利書やカード類、サイコロ、コマは別ページに印刷されてるので切り取って使用します。

カラーグループに書かれていのは温泉は実在する宿で、その宿の電話番号も印刷されています。

ちなみにボードウォークにあたる最高価格の場所は、「黒川温泉(熊本)山みず木」です。

これも3冊購入した。

東京ウォーカー版のモノポリーはこれ以降は確認していないので、別地域バージョンが存在するのかは知りません。

ちょっと気が付いたことがある。
お札の枚数だが私の持っているモノポリーの説明書を見るとセットに入っているお札の総枚数(1~500ドル)は240枚と書いてある。
「渋谷モノポリー」も「温泉モノポリー」も指定枚数コピーするとそれぞれ240枚になる。
もしかするとこれはモノポリーを商品化するときの規格なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

渋谷モノポリー

この「渋谷モノポリー」はTokyo Walker 2002年1/8号の綴じ込み付録です。

Img_9961_t
表紙の右下に渋谷モノポリーがオリジナル付録と印刷されてます。

Img_9964
ただの印刷されたぺらぺらのページが渋谷モノポリー。
GOの下に小さく  「TM&○2002 HASBRO.INC」 の印刷がある。(○は中にCの文字がある記号)

ゲーム板の寸法は 24.8cm×24.8cm

カラーグループに書かれていのは実在するお店みたいで、そのお店の電話番号も印刷されています。
また、切り離しても遊び方がわかるように、ゲーム板の裏は説明書きになっています。

権利書やカード類、サイコロ、コマ、家、ホテルも印刷されたページを切り取り使用します。
お札は1ページ分(全部で24枚)しかないので10部程度コピーし切り離して使用するように書いてあります。

ゲームボードのページと権利書、サイコロ、コマ、家、ホテルが印刷されたページは少し厚手の紙質になっていますが、お札のページはぺらぺらです。

ちなみにボードウォークにあたる最高価格の場所は、「WORLD SPORTS  PLAZA EAST 店」です。

現在はバックナンバーの購入も出来ないので、かなりレアなモノポリーだと思います。
ちなみに私は3冊購入しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧