2011年6月13日 (月)

マクロ LED ツイン ライト テスト撮影 「虫の目レンズ偏」

普通に使うには光量が足りない事がわかった「自作 マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」(名前が長い)を「G1.9虫の目プリズムレンズシステム」で使用してみる。

G19_1
D5000+G1.9プリズム仕様+「自作 マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」

少し長いと思ったフレキシブルアームも一眼レフのホットシューに取り付けると使いやすい感じ。

野外で簡単にテスト撮影をしてみた。

太陽光が直接あたると効果が分かりずらいので、撮影時にメイン被写体の「カモノハシのフィギュア」が自分の陰になるように覆いかぶさって撮影する。

最初に、「自作 マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」を点灯させないで撮影してみる。

Dsc_4544
被写体のカモノハシのフィギュアが黒く潰れている。

次に、「自作 マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」を点灯させて撮影。

Dsc_4546
良い感じに「自作 マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」の効果が出ている。
2枚とも手持ち撮影。

ストロボを使用するシステムだと、発光後のチャージ時間や発熱で撮影のテンポを遅くしていたが、LEDライトだと常時発光しているので連写しても特に問題は無い。
(ストロボ連続発光だと発熱で故障の心配もあるが、LEDだとそんな心配はしないで連写できる。)

ということで、G1.9虫の目レンズシステムは進化の可能性があったようだ。
しかし、強力12LED仕様で製作したが、ストロボと比べると光量は少ないし、光もスポット的に当たるので実際使った感想は正直もっと光量がほしいって感じで、撮影に慣れが必要でまだ改良が必要と感じた。

このままだと縦位置撮影が出来ないので、取り付け部を変更して縦アングルも可能にしたらフレキシブルアームのとり回しが悪く、もう少し短いフレキシブルアームが欲しくなった。

Img_0532
次回秋葉原に行ったらとりあえず短いフレキシブルアームは買っておこうと思う。

今後の発展性としてフレキシブルアームをもう1本追加して「マクロ トリプル ライト 強力18LED仕様」なんてのも面白いかな。

Dsc_4547

最後にもう一枚。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

製品化

手持ち逆光マクロの輪が広がってきているみたい。

マクロ撮影用ツインストロボMT-24EXにプラスαした「手持ち逆光システム」。

ブログ仲間の記事を参考にして組み立てたシステム。

Photo

2009年7月3日「手持ち逆光マクロ」の記事でフレキシブル シュー付きアームを使用したが、廃盤商品だったのでコメント欄でUNの「ワンタッチエクステンションアーム」
http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/free_arm/index.html#7455
を紹介したら同じシステムを組んでいるプロ写真家の方を見つけた。

水の贈り物 撮影日記ブログ版 2010年1月8日

http://takedashin.blog10.fc2.com/blog-entry-254.html

ストロボの発光部をバラして延長する改造は危険だし、スレーブストロボを片手で持っての撮影だとカメラの操作に集中できないので、この手持ち逆光システムのほうが撮影が簡単でおすすめ。

Img_1549
雪の結晶も「手持ち逆光システム」なら結構簡単に手持ち撮影できちゃう。 (使用レンズMP-E65mm)

プロの方も使っているのでそのうちメーカーの純正部品、エツミかUNあたりから再製品化されるともっと手持ち逆光マクロ愛好家の輪が広がっていいね。

Photo_4
製品化されてない物は作ってしまえって事で、偶然秋葉原のパーツ屋で代用できそうなフレキシブルアームを発見したので、ロングタイプの「シュー付きフレキシブルアーム」も自作した。

Img_2634
先日はオリンパスの「マクロアームライト MAL-1」が気になっていたが、オリンパス・ペンシリーズにしか使えない専用品なので、秋葉原で購入したフレキシブルアームを使って「マクロ ツイン ライト 強力12LED仕様」なんて物も作って遊んでいる。(G1.9虫の目プリズムレンズシステムではそれなりに効果あり)

製品化といえば、以前ワルサーポイントサイトの一眼レフ取り付け用のステーを最初「KYOEI TOKYO」で探したが当時はミニ雲台を使用したり、レンズに面ファスナーテープで取り付けたりしていて、取り付け方がかっこ悪く、なるべく光軸に近い位置に簡単に取り付けたかったので取り付けステーを当時自作した。

5d100400is_1

その内容を、2006年4月19日に某口コミ掲示板に書き込みし、その後このブログを立ち上げ記事にもしたら、この部品の類以品がその後商品化されて販売されていたりします。

実用新案でも申請していたらお小遣い増えてたかな?

ブログのアクセス解析なんか見ていると知らないところでリンクを貼ってくれていたり、定期的に訪問してくれてる人もいるようで、このブログの内容が活用されていると思うと嬉しい。

G1.9で簡単縦位置撮影が出来る、G1.9虫の目プリズムレンズシステムの「ポリプロピレン オリジナルG1.9先端回転構造」の秘密を公開したら、何処かの企業が製品化するのかしら。

Dsc_2396
やっぱキノコは縦アングルだね。

Img_4291
このような極小の被写体を下から見上げる様に撮影できるのが「G1.9プリズム仕様」の魅力。

G1.9虫の目プリズムレンズシステムは、ブログ仲間のアドバイスやネット上での部品情報が無ければ完成できなかったので、先端G1.9回転構造の秘密はブログ仲間の数人は知っているけど、今のところネット上で秘密の公開予定はありませんので、ごめんなさい。

ところで「ポリプロピレン オリジナルG1.9先端回転構造」って特許・実用新案取得できるのかな~?
お金もかかりそう。

G1.9ショートタイプもまだ一部のマニアしか実用できていないみたい。
このレンズシステムもオリジナルジャンクレンズを2個使用しているので、メインの広角リバースレンズと各収差の少ない組み合わせのフィールドレンズを見つけらるかがカギだ。

Dsc_1006
↑G1.9ショートタイプは深度が少し浅い。

でも、G1.9ショートタイプを無理して組み立てるより「魚路目8号」を使った方が安く簡単に虫の目風写真が楽しめる。

Dsc_4663_t_1
↑デジタル一眼レフカメラ+魚路目8号+内蔵ストロボで撮影

魚路目8号の弱点は、G1.9と比べてレンズが大きいので極小な被写体には向かない。

あと今はコンデジでも広角化が進んでいるので、コンデジの広角端で絞り、深度を深くするとそれっぽい写真が撮れるようです。

※画像の無断でのご利用はご遠慮ください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月29日 (木)

夏休みの自由研究

朝から雨がパラついていたが、久しぶりの大物を捕獲した。

Photo

大きさは30cm位。

アオダイショウの子供? 色が違う。

8/2  871さんにこの蛇は「ヒバカリ」と教えていただきました。
    ありがとうございます。

Dsc_4026
D5000+G1.9プリズム

息子は触れませんが、興味はあるみたいです。

飼育してみたいがエサの確保が大変そう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

撮りなおし

昨日撮った魚露目のノコギリクワガタは迫力不足な感じだったので、今朝G1.9プリズムタイプにストロボもMT-24EXにして撮りなおしてきた。

Dsc_3795
Nikon D5000+G1.9プリズム+MT-24EX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

初ノコ

昨日は夕立もあり、今朝はジメジメしていたので期待していつもの樹に行くと、予想通り「ノコギリクワガタ」がいました 。

この時期は職場に虫の目セットを準備してあります。

仕事前の短時間で久しぶりの虫の目撮影。

Photo
↑Nikon D5000+魚露目+怪しいツインストロボ (AF撮影)

被写体を替え、ついでにレンズもG1.9プリズムシステムに交換してもう一枚。

Dsc_3739

MT-24EXは自宅にあるので、G1.9プリズムシステムも怪しいツインストロボで撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

GWは・・・

今年のGWは最悪でした。

連休前から少し体調がおかしいと感じていたのですが、帰省した初日に体調が悪化。

夜には体温が38.6℃まで上がって、寝ていてもめまいする感じ。

救急病院も考えましたが、とりあえずバファリンを飲んで37.5℃まで落ち着いたので様子を見ることに。

で、体調の悪い中TX7+魚露目8号で少し撮影をしてきたのでUPします。

Dsc00739

Dsc00769

Dsc00759

Dsc00747

Dsc00773

GYOROME-8は手持ちなので少しケラレのある写真もありますが、全部ノートリミングでこんな感じです。

レンズ先端約2cmからピントが合うので小さな虫は迫力不足なので、大き目の虫を選んで撮影しました。

画質にこだわるなら一眼レフ+キットレンズ+魚露目+トリミングの方が、寄れて画質もいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

F30 その2 (魚露目8号編)

FinePix F30に魚露目8号で遊んで見ました。

Img_2093
F30に魚露目8号を付けるとこんな感じで、バランスは悪くありません。

Dscf0266
テレ端までズームするとケラレは無くなります。
中央の描写は良いですが、周辺の画質は悪いです。

Dscf0283
色々設定を変えなんとか見られる写真がこれ。
F30に魚露目8号を付けただけの写真です。

しかし、撮影中にアクシデント発生!

100412101053
魚露目8号を外そうとしたら、レンズの先端カバーが取れました。
よく見ると少量の接着剤で2箇所しか接着されていません。
これでは手でも簡単に外せそうなくらい簡単な接着です。

メーカー保障があるとはいえ、マグネット用の金属リングを貼り付けてしまったので修理に出すのはやめ、自分で直しました。

F30は面白いけど魚露目8号にはイマイチな感じです。
私の機材では一眼レフ+標準ズーム(セットレンズ)の方が魚露目の画質はいいみたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

ゴマダラカミキリ

会社の駐車場にいたのでD5000にG1.9プリズムを付けて撮影。

歩いているのでブレ写真の連発。
G1.9で動いている虫の撮影は難しいです。

Photo
ISO 6400  SS  80/1  JPEG撮影、リサイズのみ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

GW D5000テスト撮影 4

GW初日、G1.9プリズムタイプでテスト撮影をしてきましたが、「高感度ノイズ低減 NORM標準」ではディテールがつぶれているようなので「高感度ノイズ低減 OFF」にし、虫の目レンズは「G1.9ショートタイプ」を付けて再度撮影に行ってきた。

天候は曇り空で風も強く、虫の目撮影には適しませんが、G1.9ショートタイプもテストしてみたかったのでしかたありません。

Img_1871
ニコンD5000にG1.9ショートタイプ+怪しいツインストロボの組み合わせだと総重量は1254g。

撮影場所は前回と同じ多摩川の河川敷だが、今回は逆方向の川上に向かって行きましたが、前回と同じで虫はあまりいませんでした。

今回のD5000の設定は
ISO 3200
高感度ノイズ低減 OFF
アクティブDライティング OFF
絞り F22 最小絞り
SS 1/100~125

Dsc_0472

Dsc_0488

Dsc_0490

Dsc_0504

Dsc_0529

ノイズは多くなりましたが、ディティールは良くなりました。

これで 「GW D5000 テスト撮影」 はおしまいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

GW D5000テスト撮影 2

ニコンD5000G1.9虫の目プリズムタイプの多摩川河川敷でテスト撮影をしましたが、大部分の草が刈られてしまっていて、あまり花や虫がいくつまらなかったので撮影地を変えることに。

多摩川から多摩丘陵に登って「聖蹟記念館」に行ってきました。
地元の人間は「聖蹟記念館」といいますが、昭和61年に、多摩市指定文化財・東京都景観上重要な歴史的建造物に指定され「旧聖蹟記念館」と変更になりました。

「旧聖蹟記念館」は多摩地区への明治天皇行幸を記念して昭和5年に建てられたギリシャ建築を思わせる白い大きな柱が特徴の建物です。

Dsc_0345

Dsc_0348

Dsc_0347
撮影:ニコンD5000+AF-S18-55mmEDⅡ(3枚)

じつはここ「聖蹟記念館」は仮面ライダーの悪の秘密結社ショッカーの秘密基地だったのです。

以前老朽化が進み維持費の収入源の1つとしてドラマのロケに貸し出されていたようですが、現在ではロケ用の貸し出しはしていないとのことです。

仮面ライダーの思い出といえば、私の通っていた小学校は多摩川の堤防沿いにある多摩第一小学校。

当時の私のクラスは窓から多摩川の堤防が良く見える教室。

授業中にこの堤防にあるサイクリングロードをバイクに乗った仮面ライダーV3が爆音とともに走っていたのです。

そうです仮面ライダーV3の撮影をしていたのです。

教室内は皆、大興奮で大騒ぎになった事がありました。

また、「多摩第一小学校」の近くには警察犬訓練所があり、その訓練場所がこの多摩川の河川敷にありました。
そしてこの警察犬訓練所にいた警察犬こそあの「刑事犬カール」でした。

下校途中に「刑事犬カール」に会いに行ったり河川敷の訓練場所にも見学に行きましたが、どの犬も同じようにしか見えなかったです。

あと場所は変わりますが昔、多摩市には「サンダーマスク」の撮影所あり悪ガキ仲間と遊びに行き、魔王の椅子に座って興奮した思い出もあります。

話がだいぶそれましたが虫の目写真も撮ったのでUPします。

Dsc_0324
多摩川から「旧聖蹟記念館」に行く途中でナナホシテントウがたくさんいました。

Dsc_0355
「旧聖蹟記念館」周辺の都立桜ヶ丘公園で撮影。

ここもあまり虫はいませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧