« ハエトリグモ 2 (室内) | トップページ | ハエの口 »

2012年7月 2日 (月)

raynox MSN-505

気になっていた レイノックス スーパーマクロ(接写)コンバージョンレンズ MSN-505 が来た。

R_img_1762

外箱は 「ULTRA MACRO CONVERSION LENS」 と 「スーパーマクロ」 ではなく 「ウルトラマクロ」 となっている。

R_img_1769

MSN-202 と比べてみると大きさはあまり変わらないが、本体の材質が違う。
MSN-202の本体はプラスチック製でネジもプラスチックなので耐久性が気になるが、MSN-505の本体は金属製でガッチリしていて高級感がある。

R_img_1772

レンズの組み立て方法もMSN-505とMSN-202では違うようだ。
MSN-505の方は簡単に分解整備が出来そう。

早速 Power Shot G1X で金属定規を使ってテスト撮影をしてみる。

R_img_2467
↑Power Shot G1X + MSN-202 光学ズーム最大

R_img_2473
↑Power Shot G1X + MSN-505 光学ズーム最大

MSN-505 は中央の解像度は良いが、周辺はかなり流れるようだ。

望遠レンズでもっと拡大して中央部を使うように設計されているのかな。

少しケラレもあるので Power Shot G1X の 1:1 で撮影すれば少しはよさそう。

続いて、Nikon D40 + AF-S VR 70-300mm ED の 300mm で倍率テスト。

R_dsc_3606
↑D40 + AF-S VR 70-300mm ED 300mm + MSN-202

R_dsc_3601
↑D40 + AF-S VR 70-300mm ED 300mm + MSN-505

MSN-505 はかなり大きく写せる。

やっぱMSN-505は望遠レンズを使用して、中央の画質の良いとこを使うのが良いみたい。

ちなみに前回比較で撮影した CANON 40D + MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト 5倍はこの大きさ。

R_img_7322

MSN-505 ちょっとクセのある超高倍率マクロレンズみたいだが面白そう。

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトより軽いので使いやすい。

|

« ハエトリグモ 2 (室内) | トップページ | ハエの口 »

Power Shot G1X」カテゴリの記事

raynox MACRO LENS」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181120/45612373

この記事へのトラックバック一覧です: raynox MSN-505:

« ハエトリグモ 2 (室内) | トップページ | ハエの口 »