« レイノックス マクロレンズ 倍率テスト | トップページ | リモートコントローラーアダプター RA–E3 »

2012年5月27日 (日)

Power Shot G1X 用 ワイコン

Power Shot G1X の広角は28mm。

最近は24mmスタートのモデルやもっと広角レンズを搭載したデジカメも色々ある。

広角好きだと28mmはちょっと物足りない。

そこで Power Shot G1X で使えそうなワイコンを探してみたら Nikon のワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍 が使えそうな感じがした。

ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍は一眼レフ交換レンズ には珍しいニコン純正のワイコンで、AF-S DX NIKKOR 18-55mm 専用のコンバージョンレンズ。
Power Shot G1Xで使用できなくてもニコンの一眼レフD40・D5000とAF-S DX NIKKOR ED 18-55mm を持っているので、ニコンの一眼レフシステムで使用だきるのでダメもとで買ってみた。

ニコンのレンズ52mm用なので Power Shot G1X に取り付けるのはフィルターアダプター FA-DC58C に58→52のステップダウンリングで取り付けて撮影してみたら、見事に四隅がケラレがっかりした。

どうやら フィルターアダプター FA-DC58C と 58→52 のステップダウンリングの厚みの分だけ Power Shot G1X のレンズ先端から離れてしまったのがケラレの原因みたい。

でもニコンの18-55mmでは問題なく使えるのでイメージサークルは問題ないはず。

ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍はAPS-Cサイズ1.5倍のニコンで使えるのでそれより少し小さいセンサーサイズの Power Shot G1Xで使える方法を考えていたら、

G1X に取り付ける方法を見つけた。

簡単です。

ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍 のレンズの後ろに、そのまま Power Shot G1X のレンズ先端を差し込むだけでOK。

なんとワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍の後ろの穴と、Power Shot G1Xのレンズ先端のサイズがピッタリ合うのだ。

Img_0003
こんな感じでニコンのNH-WM75が付く。

Img_0004
電源を入れて28mm位置、レンズは落ちない。

外でテスト撮影もしてみた。

Img_0001
Power Shot G1X 広角端28mmで撮影

Img_0002
Power Shot G1X 広角端28mm+NH-WM75で撮影
0.75倍なのでPower Shot G1Xで約21mmの広角になる。

ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75 0.75倍に Power Shot G1X のレンズを差し込んでいるだけなので使用時には落下防止にレンズに手を添えておく必要があるが、高画質の Power Shot G1Xで広角21mmが使えるのはうれしい。

これでもっと寄れれば最高なんだけどな。

|

« レイノックス マクロレンズ 倍率テスト | トップページ | リモートコントローラーアダプター RA–E3 »

Power Shot G1X」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181120/45251410

この記事へのトラックバック一覧です: Power Shot G1X 用 ワイコン:

« レイノックス マクロレンズ 倍率テスト | トップページ | リモートコントローラーアダプター RA–E3 »