« raynox MSN-202 | トップページ | レイノックス マクロレンズ 倍率テスト »

2012年5月25日 (金)

2段重ね

raynox DCR-250 と MSN-202 なぜ2個も買ったのか?

ダブルマクロレンズとして使ってみたかったから。

Img_0005

こんなこと普通しないよね!

自作高倍率マクロコンバージョンレンズだと接続になにか工夫をしなければならないが、DCR-250には49mmのフィルターネジが切ってあるのでステップダウンリングを使えば簡単に接続できる。

Power Shot G1X に取り付けてみる。

Img_0006

自作部品も使わずにセット完了。

さて倍率はどうか?

MSN-202 の光学ズーム最大

Img_0017
↑ ノートリミング

DCR-250 と MSN-202 の2段重ねだと・・・

Img_0020
↑ ノートリミング

期待していたほど大きくならない。

DCR-250 と MSN-202 の2段重ねデジタルテレコン最大倍率にすると、

Img_0021
↑ ノートリミング

とりあえずこの2段重ねでテスト撮影。

Img_1812
↑ ノートリミング

いつものキュウリソウも少し大きく写ってる。

アブラムシを探してみると、

Img_1811
↑ ノートリミング

発見。

期待したほど大きくはなっていないが、自作高倍率マクロコンバージョンレンズよりはカメラにセットしやすいので活用できるので無駄な買い物では無かった事にする。

オマケ情報

raynox  MSN-202 よりさらに高倍率マクロレンズの MSN-505がある。
先日東京に行ったときヨドバシアキバで試し撮りをさせてもらった画像があるので比べてみた。

まず、raynox  MSN-202
Power Shot G1Xで撮影(光学ズーム最大、ノートリミング)。

Img_0001

次に、raynox  MSN-505
Power Shot G1Xで撮影(光学ズーム最大、ノートリミング)。

Img_0002_2

ちょっとピントがズレているが、MSN-202 と MSN-505 の倍率の違いは分かる。

そのうち買ってしまうかも・・・。

ちなみに
Power Shot G1Xの標準ズームだからこのくらいの大きさにしか写せないが、DCR-250 と MSN-202 はカタログにも書いてあるが一眼レフ用の望遠ズームで使用すると凄く大きく写せるスーパーマクロコンバージョンレンズなんだよ。

|

« raynox MSN-202 | トップページ | レイノックス マクロレンズ 倍率テスト »

Power Shot G1X」カテゴリの記事

raynox MACRO LENS」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

レイノックス マクロレンズ大変興味深く読ませて頂きました。現在G1Xは所有しているのですが、フィルターアダプターが手に入らず、何も出来ない状態で、マクロを撮る時にはオリンパス一眼E-30に50mmF2.0Macroで行っていますが、一々カメラを取り替えて撮影するのは大変面倒です。出来ればG1Xだけで撮影したいと思いますが、自作高倍率マクロコンバージョンレンズだと接続になにか工夫をしなければならないが、DCR-250には49mmのフィルターネジが切ってあるのでステップダウンリングを使えば簡単に接続できる。と書かれていましたのでどの様にするのか取り付け方法をご教授下さい。因みに私も昆虫を撮ることが大好きです。

投稿: oka3chan | 2012年6月 4日 (月) 12時51分

oka3chanさん、こんにちは。

G1Xへの取り付けには、フィルターアダプター「FA-DC58C」は必要です。
DCR-250とMSN-202にはフリーサイズアダプターが付属していますのでフィルターアダプター「FA-DC58C」にそのまま取り付けが出来ます。
取り付けサイズは、DCR-250は43mm・MSN-202は37mmです。
ただ、フリーサイズアダプターはデカクてカッコ悪くスマートでないので私はステップダウンリング(58mmから43・37mmにサイズダウン)を使って取り付けています。

DCR-250には49mmのネジが切ってあるのでステップダウンリング49mm→37mmでMSN-202を取り付けて遊んでみましたが、結果はあまり意味ありませんでした・・・。

1cm以下の虫ならMSN-202を1:1フォーマット光学ズーム最大で撮影し、後でトリミングしたほうがデジタルズームを使うより画質はよいみたいです。
あとストロボは必須ですが、ディフューザーしだいではG1Xの内蔵ストロボでも何とか撮影できます。

投稿: ポリプロピレン | 2012年6月 4日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181120/45348588

この記事へのトラックバック一覧です: 2段重ね:

« raynox MSN-202 | トップページ | レイノックス マクロレンズ 倍率テスト »