« マクロ LED ツイン ライト | トップページ | 製品化 »

2011年6月 9日 (木)

マクロ LED ツイン ライト テスト撮影

オリンパスの「マクロアームライト MAL-1」を使ってみたかったので、自作マクロLEDツインライトをEOS5D+EF100mmマクロでテストしてみる。

Img_2614
EOS5Dに取り付ける。

撮影風景はこんな感じ。

Img_2629

自作マクロLEDツインライトを使用すると、スポットライトっぽい光。
ディフューザーでも使ってもう少し光を拡散したほうが使いやすいかな。

Img_1600800860
AVモード ISO 800   F8   SS 1/60

自作マクロLEDツインライトを消して自然光で撮影すると、

Img_1602800815
AVモード ISO 800  F8  SS 1/15

シャッタースピードがかなり遅くなった。

次に Power Shot G12 でテスト撮影してみる。

Img_2619
少しフレキシブルアームが長い感じ。

自作マクロLEDツインライトを使用して撮影。

Img_0504100480
AVモード  ISO 100  F4  SS 1/80

自作マクロLEDツインライトを消して自然光で撮影すると,

Img_0505100425
AVモード  ISO 100  F4   SS 1/25

自作マクロLEDツインライトを使うと補助光としては効果があった。

でも使い勝手は悪く、使いにくい。

光がスポット的に当たるので手持ちで撮影ではLED光が思ったところに当たってくれない。
三脚を使用すればLED光の位置調整も楽になるがやっぱ手持ち撮影で使いたい。

そうすると素直にマクロ用ストロボを使ったほうが簡単綺麗に撮れる。

と言うより、ストロボ内蔵型の一眼レフに「影とり」の組み合わせならもっと簡単に撮影できる。

この組み合わせのほうがコストも抑えられて、撮影も簡単。

Img_2638
Nikon D5000+AF-S 18-55mmGⅡED+影とり

内蔵ストロボで撮影すると、

Dsc_4565800860
ISO 800  F 8    55mm

こんな感じに写ります。

ということで、苦労して製作した「自作マクロLEDツインライト」は、マクロ撮影で使うことは無いかな。

次回は「虫の目レンズ偏」です。

|

« マクロ LED ツイン ライト | トップページ | 製品化 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181120/40246832

この記事へのトラックバック一覧です: マクロ LED ツイン ライト テスト撮影:

« マクロ LED ツイン ライト | トップページ | 製品化 »