« 手持ち逆光マクロ Ⅱ | トップページ | Hybrid »

2010年9月13日 (月)

Time Can 開缶

カップヌードル タイムカン 十年缶保存計画 今日でちょうど10年目になります。

Photo

このタイムカンは回収騒動になっていましたが、ようやくこの日を迎えることが出来ました。

10年は長かったので、Time Can にはサビも出ています。

10年間の思いを込めて缶を開けます。

Img_2397

中にカードが見えます。

Photo_2

開けてみていきなりトラブル発生です。

缶の開口部が狭く、カップヌードルが出てきません。

缶から出さないとフタを開けてお湯を入れることが出来ません。

これでは非常食にもなりませんね。(これも回収の原因の1つ?)

しょうがないので缶の中でカップヌードルを少しづつ、つぶしながらようやく出すことが出来ました。

Photo_3

外観は自主回収になった原因の油ジミがみられます。

Img_2412

中身普通にこんな感じです。

せっかく10年間待ったので、試食してみることにします。

お湯を入れて3分間待つと、

Img_2413

出来上がり。

見た目は色が黄ばんでいるように見え、タマゴの食感はこしが無くべちゃとした感じですが普通にカップヌードルの味でした。

Img_2416

カップの内側は緑色の油ジミが・・・。

食後数時間がたちましたが、お腹の調子は問題ないようです。

Img_2420

オマケで入っていたカード。

|

« 手持ち逆光マクロ Ⅱ | トップページ | Hybrid »

その他」カテゴリの記事

コメント

 すごいすごい!
 食べちゃうんですね。w
 缶から出てこないというところで思わず笑ってしまいました。

投稿: T.Urabe | 2010年9月13日 (月) 22時58分

勇者だw
缶から出ない件は私も笑ってしまいました。
それにしても完食とは・・・凄いです。

投稿: dada042 | 2010年9月14日 (火) 23時22分

究極の人柱ですね!
しかし
メーカーで全品改修を告示しており、
なおかつそれを知っていて、
食べて、
油などが腐っていて、
何がしかの体調不良になっても、
訴えても、負ける気がします。
腐った脂を食べての潜伏期間が無いと良いですね。

投稿: 梅里 | 2010年9月15日 (水) 22時36分

>T.Urabeさん
缶から出なかったときはどうしようか考えてしまいました。
カップめんの賞味期限切れは良く食べていますが、10年物は自己記録です。

>dada042さん
前からタイムカンはブログネタにしようと考えていたので試食もすることにしました。
完食といってもスープは少し残しましたが、試食中に緑の油ジミが見えたときは少し後悔しました。

>梅里さん
自己責任ということで試食しました。
でも改めて「タイムカン」のHPを見てみましたが、「品質に影響する可能性が生じたため」と書いてあるだけで、Q&Aをクリックするとそこで「お召し上がりになった場合には、胸焼け、腹痛、下痢、嘔吐を引き起こす可能もあります。」と書いてありますね。
本来このようなことはもっと分かりやすく表示しないといけませんね。


投稿: ポリプロピレン | 2010年9月17日 (金) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181120/36714499

この記事へのトラックバック一覧です: Time Can 開缶:

« 手持ち逆光マクロ Ⅱ | トップページ | Hybrid »