« 恐竜 モノポリー | トップページ | 小型ツインストロボ 屋外テスト »

2007年2月22日 (木)

小型ツインストロボ

「世界のカメラと撮影の工夫BBS」でこのストロボを知り、魚露目8号(虫の目レンズ)用に買ってみた。

Img_1485
なんか怪しいツインストロボです。
どこが怪しいかというと、
 
1、メーカーが分からない。
2、製品の型番等がない。
3、取説がA4のインクジェットプリンターで印刷された物。
 
でも箱と本体に「JAPAN」と書いてあるので日本製らしい。

Img_1487
DIGITAL MACRO FLASH と書いてあるが簡単なマニュアルストロボである。
電源は単三型バッテリー2本使用。
重量はバッテリー込みで 256g と結構軽いです。
あとシンクロソケットがあり、コード(約30cm)も付属しているのでカメラのシンクロソケットでの使用も可能。

ガイドナンバーは3.2、光量は3段階に切り替え可能。
チャージ時間を計測してみた。(レディランプが点灯する時間)
取説ではアルカリ乾電池使用で発光間隔は7秒。
使用したバッテリーはパナソニック・ニッケル水素2000mAh。

F32 フル発光   約2.5秒
F2.8         約0.5秒以下
F2          速くて計測不可
 
EOS10Dの連写(秒3コマ)ならF2・F2.8でバッファいっぱいまで連写可能。
F32のフル発光だと発光はしますが、チャージ不足でも発光するのでアンダーに写るので連写はNG。
フル発光の場合はワンショットでシャッターを切ったらゆっくり「1・2」と数えてから次のシャッターを切るとアンダーにならずフル発光します。
 
まだ簡単な動作テストでこのストロボでのUPできる写真もまだなので、
昨年撮影した虫の目写真ですがUPします。

撮影機材は魚露目8号+EOS10D+EF17-40+2倍テレコン+MT24EX
Img_6519
↑ISO 800  F22  SS 1/44    MF   2006年9月撮影
Img_7030
↑ISO 400  F22  SS 1/44    MF    2006年9月撮影
Img_6712
↑ISO 400  F22  SS 1/44    AF    2006年9月撮影

|

« 恐竜 モノポリー | トップページ | 小型ツインストロボ 屋外テスト »

虫の目」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

おお、これ気になっていたんですよ。
チャージが遅いという書き込みがあったので、選択肢からはずしていました。
でも、結構、実用速度ですねー。
ガイドナンバーが低いのは気になりますが、光量が3段階に切り替え可能なのも魅力的です。
俄然、欲しくなってきましたw。
カマキリの写真、カッコイイ。

投稿: 871 | 2007年2月22日 (木) 21時08分

>871さん
魚露目+シグマ50マクロ用に小型で良いなと考えて気になっていたのですが、誰も購入レポートが無かったのでとりあえずダメもとで買って見ました。
室内でテスト撮影したところ、フル発光(絞りF45)で何とかいけそうです。
ただ、ちょっとスポット的に光が当たるので工夫が必要かもしれません。
絞りF45でF2.8の発光量だと足りないです。
GN3.2は少し頼りないですが、虫たちが出てくるまでには使いこなせるようにしたいです。
カマキリはアップで撮ると凄みがあるので好きです。

投稿: ポリプロピレン | 2007年2月22日 (木) 22時37分

ポリプロピレンさんはじめまして。カマキリの写真私も好きです。マクロレンズを仕事で使う機会があるのですが、こういう写真を見るとなんだかやってみたくなってしまいます。さて、実は表題にある小型ストロボを販売している会社をここ2、3二日探していますが見つかりません。以前はエツミという会社が取り扱っていたようですが、現在は扱っていないとの事です。どこで購入されたか覚えていらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。ヤフオクで出る事もあるようですが、希望薄そうです。

投稿: moonlite | 2008年5月 1日 (木) 09時26分

>moonliteさん いらっしゃいませ。
2月1日の記事のコメントにも書いてありますが購入したのはここです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~senz/index.html
結構良いお値段しています。

投稿: ポリプロピレン | 2008年5月 1日 (木) 16時48分

回答どうもありがとうございます。そしてコメントも見逃していたようでお手数おかけしました。本当にいい値段ですね。お手軽なイメージだったのでちょっとがっかりです。ちょっと考え中です。

投稿: moonlite | 2008年5月 2日 (金) 09時55分

 ポリプロピレンさん、教えてください。
 私は、このブログを見て、先週、魚露目8号に初めて手を出しました。 この怪しいツイン・ストロボ。軽そうで、手軽そうです。どこで購入できるか、教えていただけませんか?

投稿: 野原森夫 | 2008年5月14日 (水) 16時16分

>野原森夫さんいらっしゃいませ。
もしかして「チャナメツムタケ」さんですか?
このストロボはここで購入したした。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~senz/index.html
ここの一番上のマクロリングフラッシュ・マクロツインフラッシュ→詳細をクリックすれば見れます。
色々調べましたがここ以外見つかりませんでした。
魚露目は簡単で楽しいですね。
キノコは私も大好きです。

投稿: ポリプロピレン | 2008年5月14日 (水) 16時57分

 ありがとうございます。3万数千円するんですね。
 ただ軽量なのは、とても助かります。
 さっそく教えていただいて、ありがとうございます。
 これまでも何かにつけて、あの掲示板では、お世話に
なってきました。

 ポリプロピレンさんのこのサイトは、とってもためになり
ます。
 工作は私には真似ができませんが、きのこの写真を魚露
目で撮ってみようと、思います。生き物として、写ってくれる
のではと思っています。

 ライティングや、プリズムの利用など、勉強しなければなら
ないことが多いです。

 これからも、ときどき、教えてください。

 

投稿: 野原森夫 | 2008年5月14日 (水) 20時24分

>野原森夫さん
値段は高いですが小型軽量ツインタイプと言うとこれしかないようです。
あとは普通のストロボに自作ディフュザーか、取り回しが悪くなりますが、「内蔵ストロボに影とり」の組み合わせも安く効果があります。

投稿: ポリプロピレン | 2008年5月15日 (木) 09時39分

 ポロプロピレンさんへ

 私が登山を始めた1970年代前半、登山用の組食器でポリプロピレン製が出始めて、130度くらいまで耐えられるというので、画期的なものでした。当時。
 お名前をうかがうと、そのことを連想してしまします。

 小型ツインストロボですが、これはキヤノン以外でも、たとえばニコン用などに転用できるのでしょうか? 私は、いつまでキヤノンを使い続けられるか、これからの製品次第で迷っています。長男が別のカメラ関係メーカーにいるので、そっちでいいフルサイズが出れば、滑っていきそうです。
 とりあえずは、20Dで使いますが、先も融通が利けば、価格はなんとかいけるかなと感じています。
 もしもご存知でしたら、教えてください。

 魚露目8号は、孫の写真を試し撮りしてみたら、個性が引き出たおもしろい絵ができました。ハイハイする様子が、赤ちゃんらしい体型を強調して写っていました。

投稿: 野原森夫 | 2008年5月16日 (金) 18時47分

>野原森夫さん
この小型ツインストロボはキヤノンとニコン(D40)で使用しています。
なので普通のストロボ用アクセサリーシューが付いていれば使えるはずです。
あとシンクロコードが付いているのでシンクロソケットからも接続できます。
ちなみにブログにも書いていますが、キヤノンのツインストロボMT-24EXもマニュアル発光でニコンD40で使用しています。
魚露目8号は接写(虫の目)だけでなく普通に撮影しても結構良い写りをします。

投稿: ポリプロピレン | 2008年5月16日 (金) 23時34分

 ポリプロピレンさん、ありがとうございます。
 ストロボはマニュアルならば、ボディのメーカーをまたいで使えるのですね。
 5DとD3の、それぞれの次機種と私の相性を様子見しているところなので、メーカーを問わないのは、都合がいいです。

 シンクロソケットからもつなげるなら、ブランケットにより安定的に固定して、使用する方法もありえますね。

投稿: 野原森夫 | 2008年5月17日 (土) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小型ツインストロボ:

« 恐竜 モノポリー | トップページ | 小型ツインストロボ 屋外テスト »